我孫子日本舞踊協会

目的

日本の古典舞踊の伝承と発展のため、各流派を越えて親睦を深め、伝統芸術の普及を目的としている。

日本舞踊の写真


沿革

昭和32年我孫子日本舞踊連盟という名称で設立し、当時の町の文化祭に参加した。昭和46年我孫子市文化連盟が創設され、「我孫子市日本舞踊協会」と改称し加入した。会員は日本舞踊各流派に於いて家元より教授資格を得て夫々に一門を成し、現在9名が在籍している。各門下生の成長が期待される。

日本舞踊の写真


活動

毎年我孫子市民文化祭に公募による市民を交え参加。数年ごとに行われている我孫子市教育委員会共催の日本舞踊鑑賞会「湖扇会」は歌舞伎舞踊そのままに本格衣装、かつら、大道具付きの為、市民各位の関心を頂くところとなり、毎回盛況である。また生演奏等による舞踊公演なども意欲的に活動を進めています。芸の道は深く各会員が現在尚も自身の勉強に励んでいます。そして歌舞伎座、国立劇場その他有名劇場で行われる日本舞踊公演に出演しています。指導者の養成に力をそそぎ、さらに子ども教室における伝統文化の継承にも取り組んでいます。

日本舞踊の写真


団体数   9社中 

人数    102人

所属流派  藤間流・坂東流・紫派藤間流・吉村流・成瀬流・若宮流

 

問い合わせ先

「我孫子日本舞踊協会」

藤間 敬紫寿(ふじま たかしず)

電話:04-7184-2750